毛利秀就の生誕地である山口県宇部市小野に行ってきました

毛利秀就の生誕地

初代長州藩主の毛利秀就(もうり ひでなり)の生誕地が山口県宇部市小野にあるとは、
最近知ったばかりです。

■超簡単に、説明してみます
1591年頃に毛利秀就が生まれたという記録が、「防長風土注進案」に残っているとのこと
毛利秀就は毛利輝元の側室の「二の丸」の子だそうです。
そして、二の丸が身を隠して、毛利秀就を生んだ場所が、当時の財満家の屋敷とされています
●その当時に小野村を治めていたのが領主の財満忠久です

★★★動画では全体像を撮影してしていますので、周りの風景もわかりやすです
●動画は、2つに分けています、動画1では、入り口の記念碑から穴蔵まで全体を撮影
●動画2のほうは、二の丸記念碑から天満宮から細かな看板まで撮影してます
リンクは下記にあります

■今は、山口県宇部市小野になりますが、小野に入りますと県道に、看板がいくつかあります
県道490号から「アイランドゴルフガーデン」がある県道231号を通ってきたとこです。
ここから、500mで近いです。
001
ほぼ1本道なので、迷わず到着です、
旧財満家の入口手前に「毛利秀就の生誕地」の記念碑があります
Jpeg
※このあたりの全体像は動画でアップしていますのでそちらがわかりやすいです
動画その1では、生誕記念碑から裏山の穴蔵を撮影しています
毛利秀就の生誕地である山口県宇部市小野に行ってきましたその1

動画その2では、側室の「二の丸」様と財満家史跡と天満宮の全景を撮影してます
初代長州藩主の毛利秀就の生誕地に行って来ましたその2

ここで、誤解の内容に注意があります、今現在は、ここには別の方が住んでおられます
ですので、写真などをとるときは、その方の敷地内に入ることになります
丁度、敷地の中央に、旧財満家の記念碑があります
Jpeg
さらに、ここから奥に進むと、裏山の中腹あたりに、
当時、何か起こった際に、「秀就」が隠れる場所があり(隠れ穴)
「穴蔵四つ」の伝えの一つがあります。
ここから、実際の穴蔵までを動画でも撮影していますので、YouTubeにアップしてます
xxxxxxxxx
穴蔵の写真も撮ってきました
Jpeg005

■同じ敷地に面したところが、整備された史跡になっています。
そこには、二の丸様の記念碑と新たに阿武瀬天満宮があります
※当時の財満忠久が阿武瀬天満宮を建てたときは、ゴルフ場近くにあったそうです。
詳しい解説は、動画にてその説明の看板を撮影してるので読んでみてください
むしろこちらのほうが、説明の看板もあり、訪れると場所のようです
JpegJpeg

二の丸様の記念碑と財満延
Jpeg Jpeg

★写真だけの静止画だけでは、全体像が伝わらないので、ぜひ動画もご覧になってくさい

◆実際に訪れてみると、周りは田畑に囲まれた、とても静かな場所です
新たな歴史ロマンを感じるいい機会になりました。
この日はとても天気がよくて気温が34℃ぐらいありました、結構長い時間撮影と写真を
何度も取り直していたので、腕から顔あたりは日焼けしてしまいました。

最後に場所ですが、〒754-1311 山口県宇部市小野2707(旧財満家の跡)

「山口県の風景と旅観光 」 紀行4

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加