山口県の観光と歴史や魅力を簡単に知ることができる本を読んでみました

今回、山口県に関する本を読んでみました
山口県の観光や歴史、さらに各地イベント、魅力について書かれている本です
紹介するのは、「おいでませ!山口観光案内」の本です
おいでませ!山口観光案内人ガイドブック

先に言えば、私は、別に、ガイドの案内人を目指している分けでは、ありませんので。
たまたま、本を数ページめくったら、内容が気になったので、読んでみました

内容的には、山口県の観光案内人検定のガイドブックなのですが、
何がいいかと、言えば、非常に簡潔にまとめらているので、わかりやすいです
ガイドブック検定なので、
●最初の章では、山口の歴史背景が簡単に書かれています
山口県の古墳から始まって、その古墳場所の表示もあり、さらに大内氏に関する歴史や史跡遺産、
その他、「大内氏のまちづくり」において、神社仏閣等の保護や復興の説明が簡単な、
解説でわかりやすいです
幕末に関する長州の活躍した人は、言うまでもなく、その時代に活躍した、文化やスポーツ、
実業・発明家など、今まで、知らなかった人が紹介されていたので、非常に参考になります

●中盤の章以降は、現代の山口県の伝統工芸や伝統民工芸品、各地域のイベントなど、
パワースポットや祭り、ドライブスポット、観光スポットでも、天然記念物や花の名所他多数、
紹介されています

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加